プロフィール

yabuki2s略歴

  • 岡山県井原市出身
  • 昭和59年(1984年)3月 : 岡山県立井原高等学校卒業
  • 昭和63年(1988年)3月24日 : 広島大学工学部第三類(化学系)化学工学課程卒業(工学士)
  • 昭和63年(1988年)4月1日 : 広島大学大学院工学研究科移動現象工学専攻博士課程前期入学
  • 平成 2年(1990年)3月26日 : 同上修了(工学修士)
  • 平成 2年(1990年)5月8日~3年3月14日 : ドイツ連邦共和国ハノーバー大学材料科学研究所客員研究員
    「キャビテーション・エロージョン表面解析による材料寿命予測」
  • 平成 3年(1991年)4月1日 : 東洋紡績株式会社入社
  • 平成 8年(1996年)3月31日 : 同上退職
  • 平成 8年(1996年)4月1日 : 文部教官広島大学助手工学部(化学工学講座)
  • 平成11年(1999年)11月11日 : 博士(工学)学位取得(広島大学大学院)
    「諸材料の耐固体粒子衝突エロージョン性評価法の確立」
  • 平成12年(2000年)2月23日~13年2月21日 : カナダトロント大学機械産業工学科文部科学省在外研究員
    「固体粒子衝突エロージョン現象に関する研究」
  • 平成13年(2001年)4月1日 : 広島大学 大学院工学研究科 助手
  • 平成18年(2006年)6月1日 : 広島大学 大学院工学研究科 助教授
  • 平成19年(2007年)4月1日 : 広島大学 大学院工学研究科 准教授
  • 平成25年(2013年)4月1日 : 広島大学 大学院工学研究院 教授

広島大学研究者総覧

資格
  • 昭和59年(1984年) 8月20日 : 普通自動車免許
  • 昭和60年(1985年) 8月27日 : 自動二輪(中型)免許
  • 昭和62年(1987年) 6月 5日 : 第2種情報処理技術者試験合格
  • 平成 5年(1993年) 6月28日 : 第1種情報処理技術者試験合格
  • 平成15年(2003年) 5月20日 : 初級システムアドミニストレータ試験合格
学位論文
  • 博士論文:「諸材料の耐固体粒子衝突エロージョン性評価法の確立」,広島大学大学院,平成11年11月11日.
  • 修士論文:「キャビテーション・エロージョンに及ぼすインヒビターの影響」,広島大学大学院,平成2年3月.
  • 卒業論文:「PVD被覆材の耐キャビテーション・エロージョン性に関する研究」,広島大学,昭和63年3月.
原著論文(査読付き)
  1. Akihiro Yabuki, Shota Tanabe, Indra Wahyudhin Fathona, Self-healing polymer coating with the microfibers of superabsorbent polymers provides corrosion inhibition in carbon steel, Surface and Coatings Technology (2017) Accepted.
  2. F. Zulkifli, Nora’aini Ali, M. Sukeri M. Yusof, M.I.N. Isa, A. Yabuki, W.B. Wan Nik, Henna leaves extract as a corrosion inhibitor in acrylic resin coating, Progress in Organic Coatings, 105 310-319 (2017). DDI:10.1016/j.porgcoat.2017.01.017
  3. 松田英樹, 矢吹彰広, 防錆顔料を添加した塗装55%Al-Znめっき鋼板の切断端部に形成する修復皮膜に関する研究, 材料と環境, Vol. 66, No. 7, pp. 238-245 (2017).
  4. 矢吹彰広, 永山裕起, 金柿雅仁, 海水模擬環境下におけるアルミニウムの自己修復性高耐食処理, 日本海水学会誌, 71(1), 16-21 (2017).
  5. Akihiro Yabuki, Eri Motonobu, Indra W. Fathona, Controlling the length of short electrospun polymer nanofibers via the addition of micro spherical silica particles, Journal of Materials Science, 52(7), 4016-4024 (2017). DOI:10.1007/s10853-016-0663-4
  6. Indra Wahyudhin Fathona, Akihiro Yabuki, Multi-plate, thin-film electrodes of manganese oxide synthesized via the thermal decomposition of a manganese-amine complex for use as electrochemical supercapacitors, Electrochimica Acta, 222, 693-700 (2016). DOI:10.1016/j.electacta.2016.11.025
  7. Indra W. Fathona, Akihiro Yabuki, Mapping the influence of electrospinning parameters on the morphology transition of short and continuous nanofibers, Fibers and Polymers, 17(8), 1238-1244 (2016). DOI:10.1007/s12221-016-6241-1
  8. Akihiro Yabuki, Tatsunori Shiraiwa, Indra Wahyudhin Fathona, pH-controlled self-healing polymer coatings with cellulose nanofibers providing an effective release of corrosion inhibitor, Corrosion Science, 103, 117-123 (2016). DOI:10.1016/j.corsci.2015.11.015
  9. A. Yabuki, Self-Healing Coatings for Corrosion Inhibition of Metals, Modern Applied Science, 9(7), 214-219 (2015). DOI:10.5539/mas.v9n7p214
  10. A. Yabuki, Y. Tachibana, I.W. Fathona, Synthesis of copper conductive film by low-temperature thermal decomposition of copper-aminediol complexes under an air atmosphere, Materials Chemistry and Physics, 148(1-2), 299-304 (2014). DOI:10.1016/j.matchemphys.2014.07.047
  11. A. Yabuki, K. Okumura, I.W. Fathona, Transparent conductive coatings of hot-pressed ITO nanoparticles on a plastic substrate, Chemical Engineering Journal, 252, 275-280 (2014). DOI:10.1016/j.cej.2014.05.024
  12. A. Yabuki, A. Kawashima, I.W. Fathona: Self-healing polymer coatings with cellulose nanofibers served as pathways for the release of a corrosion inhibitor, Corrosion Science, 85, 141-146 (2014). DOI:10.1016/j.corsci.2014.04.010
  13. I.W. Fathona, A. Yabuki: Short electrospun composite nanofibers: Effects of nanoparticle concentration and surface charge on fiber length, Current Applied Physics, 14(5), 761-767 (2014). DOI:10.1016/j.cap.2014.03.015
  14. I.W. Fathona, A. Yabuki: A simple one-step fabrication of short polymer nanofibers via electrospinning, Journal of Materials Science, 49, 3519-3528 (2014). DOI:10.1007/s10853-014-8065-y
  15. I.W. Fathona, Khairurrijal, A. Yabuki: One-step fabrication of short nanofibers by electrospinning: effect of needle size on nanofiber length, Advanced Materials Research, 896, 33-36 (2014). DOI:10.4028/www.scientific.net/AMR.896.33
  16. I.W. Fathona, A. Yabuki: One-step fabrication of short electrospun fibers using an electric spark, Journal of Materials Processing Technology, 213(11), 1894-1899 (2013). DOI:10.1016/j.jmatprotec.2013.05.013
  17. A. Yabuki, S. Tanaka: Electrically conductive copper film prepared at low temperature by thermal decomposition of copper amine complexes with various amines, Materials Research Bulletin, 47(12), 4107-4111 (2012). DOI:10.1016/j.materresbull.2012.08.052
  18. A. Yabuki, K. Okumura: Self healing coatings using superabsorbent polymers for corrosion inhibition in carbon steel, Corrosion Science, 59(6), 258-262 (2012). DOI:10.1016/j.corsci.2012.03.007
  19. A. Yabuki, W. Urushihara, J. Kinugasa, K. Sugano: Self-healing properties of TiO2 particle-polymer composite coatings for protection of aluminum alloys against corrosion in seawater, Materials and Corrosion, 62(10), 907-912 (2011). DOI:10.1002/maco.201005756
  20. 矢吹彰広,奥野弘尚: アルミニウムにおけるポリマーコーティングの自己修復性防食作用,軽金属, 61(12) 724-728 (2011).
  21. A. Yabuki, S. Tanaka: Oxidation Behavior of Copper Nanoparticles at Low Temperature, Materials Research Bulletin, 46(12), 2323-2327 (2011). DOI:10.1016/j.materresbull.2011.08.043
  22. A. Yabuki, T. Nishisaka: Self-healing capability of porous polymer film with corrosion inhibitor inserted for corrosion protection, Corrosion Science, 53(12), 4118-4123 (2011). DOI:10.1016/j.corsci.2011.08.022
  23. 矢吹彰広,田邊翔太: 高吸水性ポリマーと腐食抑制剤を用いた自己修復性防食コーティング,材料と環境, Vol. 60, No. 10, pp. 438-440 (2011).
  24. 衣笠 潤一郎,漆原 亘,矢吹彰広: 氷点近傍海水の流動下におけるAl-Zn合金溶射皮膜の腐食,材料と環境, Vol. 60, No. 10, pp. 457-461 (2011).
  25. A. Yabuki, N. Arriffin, M. Yanase: Low-temperature synthesis of copper conductive film by thermal decomposition of copper-amine complexes, Thin Solid Films, 519, 6530-6533 (2011). July 2011 DOI:10.1016/j.tsf.2011.04.112
  26. A. Yabuki, M. Sakai: Self-Healing Coatings of Inorganic Particles using a pH-Sensitive Organic Agent, Corrosion Science, 53(2), 829-833 (2011). Feb.2011 DOI:10.1016/j.corsci.2010.11.021
  27. 矢吹彰広, 河島聡洋: 塩化ナトリウム粒子スラリーによる銅合金の浸食, 日本海水学会誌, 65, 81-87 (2011). 2011.4
  28. A. Yabuki:Particle-Induced Damage and Subsequent Healing of Materials: Erosion, Corrosion and Self-healing Coatings, Advanced Powder Technology, 22, 303-310 (2011). May 2011 DOI:10.1016/j.apt.2010.10.016
  29. A. Yabuki, N. Arriffin: Electrical conductivity of copper nanoparticle thin films annealed at low temperature, Thin Solid Films, 518(23), 7033-7037 (2010). Sept. 2010 DOI:10.1016/j.tsf.2010.07.023
  30. A. Yabuki, R. Kaneda: Barrier and self-healing coating with fluoro-organic compound for zinc, Materials and Corrosion, 60(6), 444-449 (2009). DOI:10.1002/maco.200805100
  31. A. Yabuki: Near-wall hydrodynamic effects related to flow-induced localized corrosion, Materials and Corrosion, 60(7), 501-506 (2009). DOI:10.1002/maco.200805114
  32. M. Takeda, E. Tanabe, T. Iwaki, A. Yabuki, K. Okuyama: Importance of Dispersibility of TiO2 in preparation of TiO2-Dispersed Microspheres by Shirusu Porous Glass (SPG) Membrane Emulsification, Advanced Powder Technology, 20, 361-365 (2009). DOI:10.1016/j.apt.2009.02.009
  33. M. Takeda, E. Tanabe, T. Iwaki, A. Yabuki, K. Okuyama: Preparation of Nanocomposite Microspheres Containing High Concentration of TiO2 Nanoparticles via Bead Mill Dispersion in Organic Solvent, Chemistry Letters, 38(5), 448-449 (2009). DOI:10.1246/cl.2009.448
  34. A. Yabuki, M. Sakai: Anodic films formed on magnesium in organic, silicate-containing electrolytes, Corrosion Science, Vol. 51, No. 4, pp. 793-798 (2009). DOI:10.1016/j.corsci.2009.02.001
  35. M. Takeda, E. Tanabe, T. Iwaki, A. Yabuki and K. Okuyama: High-concentration Transparent TiO2 Nanocomposite Films Prepared from TiO2 Nanosurry Dispersed by Using Beads Mill, Polymer Journal, 40(8), 694-699 (2008). DOI:10.1295/polymj.PJ2008063
  36. Kim, S.-G., N. Hagura, F. Iskandar, A. Yabuki and K. Okuyama: Multilayer film deposition of Ag and SiO2 nanoparticles using a spin coating process, Thin Solid Films, 516, 8721-8725 (2008). DOI:10.1016/j.tsf.2008.05.053
  37. A. Yabuki, M. Murakami, Breakaway properties of film formed on copper and copper alloys in erosion-corrosion by mass transfer equation, Materials and Corrosion, 59(1), 25-31 (2008). DOI:10.1002/maco.200704071
  38. 武田正良, 田辺栄司,岩木 貫,矢吹彰広, 奥山喜久夫 : TiO2およびBaTiO3ナノ粒子のアクリルモノマーへの高濃度分散による透明ナノコンポジット球形粒子の合成, 粉体工学会誌, 45(1), 23-29 (2008).
  39. Akihiro Yabuki, Hiroyoshi Yamagami, Koji Noishiki: Barrier and self-healing abilities of corrosion protective polymer coatings and metal powders for aluminum alloys, Materials and Corrosion, 58(7), 497-501 (2007). DOI:10.1002/maco.200604041
  40. Akihiro Yabuki, David T. Yasunaga, Toshihiro Shibutani, Kouichi Shinkai, Corrosion of an aluminum alloy chilled in flowing seawater and the effect of cathodic prevention, Materials and Corrosion, 58(5), 340-344 (2007). DOI:10.1002/maco.200604014
  41. Akihiro Yabuki, Moritoshi Murakami: Critical Ion Concentration on Pitting and General Corrosion of Copper, Corrosion, Vol. 63, No. 3, pp. 249-257 (2007). DOI:10.5006/1.3278349
  42. M. M. Munir, K. M. Yun, F. Iskandar, A. Yabuki, and K. Okuyama: Heating Profile Effect on Morphology, Crystallinity and Photoluminescent Properties of Y2O3:Eu3+ Phosphor Nanofibers Prepared Using an Electrospinning Method, Jpn. J. Appl. Phys., 46 (10A), 6705-6709 (2007). DOI:10.1143/JJAP.46.6705
  43. 荻崇, フェリーイスカンダル, 矢吹彰広, 奥山喜久夫 : テンプレート材料を用いた二流体ノズル噴霧乾燥法による多孔質から中空粒子への形態制御, 化学工学論文集, 33(5), 468-475 (2007).
  44. S. G. Kim, W.-N. Wang, T. Iwaki, A. Yabuki, and K. Okuyama: Low Temperature Crystallization of Barium Ferrite Nanoparticles by a Sodium Citrate-Aided Synthetic Process, Journal of Physical Chemistry C, 111(28), 10175-10180 (2007). DOI:10.1021/jp068249b
  45. 矢吹彰広,國本英正: 液流動下におけるホスホン酸インヒビターの最適条件,材料と環境, Vol. 54, No. 2, pp. 74-78 (2005).
  46. 村上盛紀,矢吹彰広,松村昌信: 純銅性配管に生じる浸食はエロージョン-コロージョンか?,材料と環境, Vol. 53, No. 9, pp. 440-445 (2004).
  47. 矢吹彰広,安部了介,松村昌信: ギ酸添加浴を用いた高効率高速クロムめっき II.光沢クロムめっき形成に及ぼす電極表面の3価クロムイオン濃度の影響,表面技術, Vol. 55, No. 2, pp. 139-144 (2004).
  48. 矢吹彰広,菰田進一郎,松村昌信: ギ酸添加浴を用いた高効率高速クロムめっき I. 静止試片と回転試片,表面技術, Vol. 55, No. 1, pp. 65-70 (2004).
  49. 矢吹彰広,松村昌信: 海水模擬環境下におけるキャビテーション エロージョン・コロージョン浸食の推定法,材料と環境, Vol. 53, No. 1, pp. 38-43 (2004).
  50. 村上盛紀,矢吹彰広,松村昌信: 海生生物忌避性を有する銅合金-海生生物防汚性にも耐食性にも優れた銅合金-, 材料と環境, Vol. 52, No. 11,pp. 613-617 (2003).
  51. 村上盛紀,矢吹彰広,松村昌信: 銅合金の流れ誘起局部腐食に及ぼすNiおよびBeの影響-海生生物防汚性にも耐食性にも優れた銅合金-, 材料と環境, Vol. 52, No. 10, pp. 539-544 (2003).
  52. M.R. Baghbanan, A. Yabuki, R.S. Timsit, J.K. Spelt: Tribological behavior of aluminum alloys in a vibratory finishing process, Wear, Vol. 255, Issues 7-12, pp. 1369-1379 (2003).(August - September 2003). DOI:10.1016/S0043-1648(03)00124-8
  53. 村上盛紀,矢吹彰広,松村昌信: 渦が引き起こす純銅の腐食, 材料と環境, Vol. 52, No. 3, pp. 160-165 (2003).
  54. 村上盛紀,杉田和彦,矢吹彰広,松村昌信: 純銅に生じるいわゆるエロージョン・コロージョンと流速差腐食の機構, 材料と環境, Vol. 52, No. 3, pp. 155-159 (2003).
  55. 矢吹彰広,松村昌信: ボイラ用給水流動下で生じる溝状腐食, 材料と環境, Vol. 52, No. 2, pp. 86-91 (2003).
  56. 矢吹彰広,籾蔵宏康,松村昌信,丸亀和雄: 高温高圧純水流動下における低合金鋼の腐食, 材料と環境, Vol. 52, No. 1, pp. 53-57 (2003).
  57. 矢吹彰広,金山真宏,松村昌信,濱田泰三: 義歯材料の試験法の開発 第2報 義歯用金属材料の劣化評価,材料の科学と工学,Vol. 39, No. 6, pp. 251-256 (2002).
  58. 矢吹彰広,幾見優子,松村昌信,濱田泰三: 義歯材料の試験法の開発 第1報 硬質レジン歯の劣化評価,材料の科学と工学,Vol. 39, No. 6, pp. 244-250 (2002).
  59. A. Yabuki, M.R. Baghbanan, J.K. Spelt: Contact Forces and Mechanisms in a Vibratory Finisher, Wear, Vol. 252, Issues 7-8, pp. 635-643 (2002).(April 2002)
  60. 大國聡巳, 矢吹彰広, 松村昌信, 丸亀和雄: AVTボイラ給水のpH上昇は炭素鋼の防食に有効か, 材料と環境, Vol. 50, No. 8, pp. 386-389 (2001).
  61. Akihiro Yabuki, Koji Noishiki, Katsura Komori, Masanobu Matsumura: The Surface Behavior of Metallic Materials during the Incubation Period of Cavitation Erosion, ASTM STP 1339, pp. 357-369 (2001).
  62. 矢吹彰広, 野一色公二, 松村昌信: 実機におけるキャビテーション・エロージョンの損傷速度の推定法, 材料と環境, Vol. 49, No. 8, pp. 489-493 (2000).
  63. 野一色公二, 矢吹彰広, 小森桂, 松村昌信: キャビテーション・エロージョンの潜伏期間の推定法, 材料と環境, Vol. 49, No. 8, pp. 483-488 (2000).
  64. 立花晋也, 矢吹彰広, 松村昌信, 丸亀和雄: 高温高圧純水流動下における炭素鋼の腐食, 材料と環境, Vol. 49, No. 7, pp. 431-436 (2000).
  65. A. Yabuki, K. Sugita, M. Matsumura, M. Hirashima, M. Tsunaga: The anti-slurry erosion properties of polyethylene for sewerage pipe use, Wear, Vol. 240, Issues 1-2, pp. 52-58 (2000).(May 2000) DOI:10.1016/S0043-1648(00)00343-4
  66. H. X. Zhao, A. Yabuki, M. Matsumura, T. Takahashi, M. Yamamoto: Slurry erosion properties of ceramic coatings, Wear, Vol. 233-235, pp. 608-614 (1999).(December 1999) DOI:10.1016/S0043-1648(99)00238-0
  67. A. Yabuki, M. Matsumura: Theoretical equation for the critical impact velocity in solid particles impact erosion, Wear, Vol. 233-235, pp. 476-483 (1999).(December 1999)
  68. A. Yabuki, K. Matsuwaki, M. Matsumura: Critical impact velocity in solid particles impact erosion of metallic materials, Wear, Vol. 233-235, pp. 468-475 (1999).(December 1999)
  69. 矢吹彰広,杉田幸次朗,松村昌信,平嶋雅雄,津永正行: ポリエチレンのスラリーエロージョン特性, 材料と環境, Vol. 48, No. 8, pp. 508-513 (1999).
  70. 平嶋雅雄,松村昌信,津永正行,矢吹彰広: 下水道用ポリエチレン管の耐摩耗・腐食性, 下水道協会誌, Vol. 35, No. 433, pp. 141-151 (1998/11).
  71. 矢吹彰広,松脇和雄,松村昌信: 固体粒子衝突エロージョンにおける臨界衝突速度の理論式, 材料と環境, Vol. 47, No. 10, pp. 631-637 (1998). DOI:10.1016/S0043-1648(99)00171-4
  72. 矢吹彰広,松脇和雄,松村昌信: 金属材料の固体粒子衝突エロージョンにおける臨界衝突速度, 材料と環境, Vol. 47, No. 8, pp. 540-547 (1998). DOI:10.1016/S0043-1648(99)00170-2
  73. 野一色公二,矢吹彰広,松村昌信,長坂浩志,宮坂松甫:セラミック材料の耐キャビテーション・エロージョン特性の改善: 材料と環境, Vol.46, No.10, pp.637-642 (1997).
  74. 野一色公二,矢吹彰広,松村昌信,高山博和,宮坂松甫: セラミック材料のキャビテーション・エロージョン特性: 材料と環境, Vol.46, No.9, pp.588-593 (1997).
  75. 矢吹彰広,趙 翰燮,山本雅章,松村昌信: 減圧プラズマ溶射したセラミックコーティング材料のスラリーエロージョン特性: 材料と環境, Vol.46, No.5, pp.299-304 (1997).
  76. 矢吹彰広,趙 翰燮,松村昌信: 数値解析によるスラリーエロージョン試験装置内の粒子衝突挙動の把握: 材料と環境, Vol.46, No.5, pp.293-298 (1997).
  77. 松村昌信,礒本良則,矢吹彰広,讃井昭二: 引張応力のキャビテーション・エロージョン遅延効果: 材料と環境, Vol.40, No.12, pp.821-826 (1991).
  78. 松村昌信,矢吹彰広,讃井昭二: 工業用純鉄のキャビテーション・エロージョンに及ぼすインヒビターの影響: 材料と環境, Vol.40, No.12, pp.814-820 (1991).
  79. 松村昌信,岡 良則,植田雅也,矢吹彰広: キャビテーション攻撃を受ける金属材料の寿命予測: 防食技術, Vol.39, No.10, pp.550-555 (1990).
Proceedings
  1. Akihiro Yabuki: Self-Healing Coatings for Corrosion Inhibition of Metals, 6th Tsukuba International Coating Symposium (TICS), (2014).
  2. Akihiro Yabuki: Self-Healing Coatings for Corrosion Inhibition of Metals, The 2nd International Seminar on Fundamental and Application of Chemical Engineering 2014 (ISFACHE 2014), USB (2014).
  3. I.W. Fathona, Khairurrijal, A. Yabuki: One-step fabrication of short nanofibers by electrospinning: effect of needle size on nanofiber length, ICAMST2013 (2013).
  4. Akihiro Yabuki, Mariko Sakai: Self-Healing Corrosion Protective Coatings by TiO2 Particles and a pH-Sensitive Organic Agent on a Magnesium Alloy, ICSHM2013, USB (2013).
  5. Akihiro Yabuki, Kazuma Okumura: Self-Healing Coatings Using Superabsorbent Polymers for Corrosion Inhibition in Carbon Steel, EUROCORR 2012, CD-ROM (2012).
  6. Akihiro Yabuki, Toshinori Nishisaka: Self-healing capability of porous polymer film with corrosion inhibitor inserted for corrosion protection, 62nd Annual Meeting of the International Society of Electrochemistry, CD-ROM (2011).
  7. Akihiro Yabuki, Mariko Sakai: Self-Healing Corrosion Protective Coatings by Oxide Particles and a pH-Sensitive Organic Agent on a Magnesium Alloy, EUROCORR 2010, CD-ROM (2010).
  8. Akihiro Yabuki: Flow Induced Corrosion and Hydrodynamic Conditions, PRiME 2008 (PACIFIC RIM MEETING ON ELECTROCHEMICAL AND SOLID-STATE SCIENCE), Paper 1552 (CD-ROM), 12-17 October 2008 (EHilton Hawaiian Village, Honolulu, USA (2008).
  9. Akihiro Yabuki, Ryo Kaneda: Self-healing coating with fluoro-organic compound for zinc, EUROCORR 2008, CD-ROM, 7-11 September 2008 (Edinburgh International Conference Centre, Edinburgh, Scotland (2008).
  10. Akihiro Yabuki, Hiroyoshi Yamagamia, Koji Noishiki: Barrier and self-healing performances of anti-corrosive coatings for aluminum alloys, EUROCORR 2005, O-128-08 (CD-ROM) (2005).
  11. Moritoshi Murakami, Satoshi Horiguchi, Akihiro Yabuki, Masanobu Matsumura: Copper Alloys with both Anti-fouling and Anti-corrosion Properties, 13th Asian-Pasific Corrosion Control Conference, I-05 (CD-ROM) (2003).
  12. Akihiro Yabuki, Masanobu Matsumura: Corrosion of Boiler Tubes in Flowing Hot Water, 15th International Corrosion Congress Proceedings, Paper 744 (CD-ROM) (2002).
  13. Moritoshi Murakami, Akihiro Yabuki, Masanobu Matsumura: Corrosion of Pure Copper under A Flowing Solution, 15th International Corrosion Congress Proceedings, Paper 745 (CD-ROM) (2002).
  14. Masao Hirashima, Masayuki Tsunaga, Masanobu Matsumura, Akihiro Yabuki: Abrasion and Corrosion Proof Property of Polyethylene Pipe for Sewage Works, Proceedings of the First International Conference on Mechanical Eegineering:ICME 2000/040477 (CD-ROM) (2000), 20-22 November 2000, Shanghai, China.
  15. A. Yabuki, K. Noishiki, M. Matsumura: Cavitation Erosion Properties of High Strength Ceramics, Wear of Engineering Materials, Conference Proceedings from Materials Solutions '97, Vol. 1, pp. 137-144 (1998).
  16. A. Yabuki, K. Noishiki, M. Matsumura: The application of the mass transfer equation to flow induced localized corrosion, Meeting Abstract 191st Society Meeting 97, pp. 263 (1997).
  17. M. Matsumura, K. Noishiki, A. Yabuki, M. Miyasaka H. Takayama: Cavitation Erosion Properties of Ceramics, Proceedings of The Second International Meeting of Pacific Rim Ceramic Societies, Paper 475 (CD-ROM) (1996).
  18. M. Matsumura, A. Yabuki, S. Sanui: Erosion-retarding effect of corrosion inhibitor, Proceedings of the Institution of Mechanical Engineers, Cavitation, c453/014, pp. 147-150 (1992).
  19. H. Louis, P. T. Tai, T. Wehlage, A. Yabuki: Evalution and prediction of surface roughness due to cavitation erosion, STG-Symposium on Propulsors and Cavitation in Humburg (1992).
  20. H. Louis, P. T. Tai, T. Wehlage, A. Yabuki: Cavitation erosion prediction by quantification of surface integrity, 3rd Int. Conf. on Cavitation in Cambridge (1992).
著書
  1. 自己修復性材料-工業材料の高機能化-(分担), pp.36-45, 2.3.1 自己修復性防食ポリマーコーティング, 株式会社東レリサーチセンター (2016) 254p, 2016年9月
  2. 自動車・航空機用樹脂の最新技術(分担執筆), pp.281-287, 第8章 自動車や航空機のデザイン性や衛生性・快適性に貢献する樹脂・プラスチック」第10節 ~傷がついても自然に治る~自己修復性防食コーティング(矢吹彰広), 株式会社 技術情報協会 (2016) 2016年2月29日 ISBN:978-4-86104-609-4
  3. 最新高機能コーティングの技術・材料・評価(分担執筆),pp.77-84, 第2編 機能別 第2章 自己修復,防食(矢吹彰広), 株式会社シーエムシー出版 (2015) 2015年11月17日
  4. 導電性ペースト・インクの新規開発に向けた金属ナノ粒子の表面処理・合成・評価とCu・Ag系素材の課題克服アプローチ(分担執筆), pp.21-32, 銅ナノ粒子の表面酸化制御による表面改質・低温銅薄膜合成(矢吹彰広), (株)AndTech (2012) 2012年12月28日
  5. 自己修復(キズ復元)材料の最新技術,メーカー採用のトレンド(分担執筆), pp.105-113, フッ素系自己修復性防食コーティング(矢吹彰広), 株式会社 技術情報協会 (2011)
  6. Self-Healing Properties of New Surface Treatments(分担執筆)pp.293-305, 16 Self-healing coating with fl uoro-organic compound on zinc(Akihiro Yabuki, Ryo Kaneda), Published for the European Federation of Corrosion, European Federation of Corrosion Series, Volume 58, ISBN9781906540364, March 2011
  7. Advanced Topics in Mass Transfer(分担執筆)pp.191-210, Mass Transfer Equation and Hydrodynamic Effects in Erosion-Corrosion, INTECH (2011)
  8. 最新の自己修復材料と実用例 コーティング・触媒編(分担執筆)pp.224-237, 第1章 コーティングによる金属表面の自己修復(矢吹彰広), 株式会社シーエムシー出版 (2010)
  9. 各種微粒子調製方法と製品応用~実際の製造・評価事例とプロセス技術~(分担執筆)pp.104-113, 第1章 第5節 第2項 化学反応沈殿法(奥山喜久夫,矢吹彰広), 情報機構 (2007)
  10. 松村昌信,礒本良則,矢吹彰広: 流れがもたらす材料劣化現象 エロージョン‐コロージョン入門,日本工業出版株式会社,221ページ,2005年3月25日.
解説,総説類
  1. 矢吹彰広: セルロースナノファイバーの自己修復性防食コーティングへの応用,ケミカルエンジニヤリング, Vol. 62, No. 6, pp.405-411 (2017) 6月号.
  2. 矢吹彰広: 自己修復性防食コーティングの開発―セルロースナノファイバーによる疑似血管化―,防錆管理, Vol. 61, No. 1, pp.8-16 (2017) 1月号.
  3. 矢吹彰広: 自己修復性防食コーティング,色材協会誌, Vol. 89, No. 1, pp.17-21 (2016).
  4. 矢吹彰広: 自己修復性防食コーティング,接着の技術, Vol. 35, No. 1, pp.28-33 (2015).
  5. 矢吹彰広: コーティングによる金属表面の自己修復,表面技術, Vol. 65, No. 10, pp.470-474 (2014) 10月号.
  6. 矢吹彰広: 金属材料の自己修復性防食コーティング,金属, Vol. 83, No. 12, pp.23-30 (2013) 12月号.
  7. 矢吹彰広: アルミニウム合金の自己修復性防食コーティング,アルトピア, Vol. 43, No. 4, pp.31-37 (2013) 4月号.
  8. 矢吹彰広: 自己修復性防食コーティング,防錆管理, Vol. 57, No. 3, pp.81-89 (2013) 3月号.
  9. 矢吹彰広: 自己修復性防食コーティング,ツールエンジニア, Vol. 53, No. 14, pp.30-35 (2012).
  10. 矢吹彰広: 自己修復性防食コーティング,塗装工学, Vol. 46, No. 8, pp.265-273 (2011).
  11. 矢吹彰広: 高濃度の塩化物環境における銅合金の流れ誘起腐食(Flow-induced corrosion of copper alloys in a high-salt-concentration environment),日本海水学会誌, 65, 114-120 (2011).
  12. 矢吹彰広: 自己修復性防食コーティング(Self-healing corrosion protective coatings),軽金属, Vol. 60, No. 12, pp.660-665 (2010).
  13. 奥山喜久夫 矢吹彰広,FERRY ISKANDAR,研究室紹介 広島大学大学院 工学研究科 熱流体材料工学研究室,クリーンテクノロジー,Vol. 19, No. 10, pp.42-47 (2009).
  14. 矢吹彰広: 微粒子による材料損傷と自己修復コーティング(Damage of Materials by Fine Particles and Self-Healing Coatings),粉体工学会誌 J. Soc. Powder Technol, Japan, Vol. 46, No. 4, pp.261-268 (2009).
  15. 矢吹彰広: ~傷がついても自然に治る~自己修復性防食コーティング(Self-healing corrosion protective coatings),MATERIAL STAGE,Vol. 8, No. 10, pp.97-102 (2009).
  16. 奥山喜久夫 矢吹彰広,機能性粉体の研究開発動向と実用化に向けて,化学装置,Vol. 49, No. 5, pp.18-24 (2007).
  17. 荻 崇,矢吹彰広,奥山喜久夫,ナノ粒子の合成・機能化とナノテクノロジーへの展開,触媒,Vol. 49, No. 3, pp.220-225 (2007).
  18. 矢吹彰広: プラント配管におけるエロージョン‐コロージョン,メインテナンス,No. 250, pp.33-37 (2006).
  19. 松村昌信,矢吹彰広: エロージョン‐コロージョンと流速差腐食とその予防対策,火力原子力発電,Vol. 56, No. 3, pp.4-15 (2005).
  20. 矢吹彰広: 流れ誘起腐食とキャビテーション‐エロージョン<配管に生じる異常減肉現象と対策>,配管技術,Vol. 47, No. 2, pp.1-6 (2005).
  21. 矢吹彰広: ボイラ伝熱管腐食の実例と対策,ビー・ティー アベニュー,No. 32, pp.48-52 (2004).(平成16(2004)年5月26日発行)
  22. 矢吹彰広,松村昌信: エロージョン‐コロージョンの事例と防止法 <ボイラ伝熱管に生じた異常腐食の解析>,配管技術,Vol. 45, No. 2, pp.15-19 (2003).
学会発表(国際)
  1. Akihiro Yabuki (Invited Speaker): Self-Healing Coatings for Corrosion Inhibition of Metals, 6th Tsukuba International Coating Symposium (TICS), December 4-5, 2014 (Auditorium, 1F, WPI-MANA Building, NIMS Namiki-Site, Tsukuba, Japan), 2014.12.4発表.
  2. Akihiro Yabuki (Plenary Speaker, Organizing Committee(Advisory Board Member)): Self-Healing Coatings for Corrosion Inhibition of Metals, The 2nd International Seminar on Fundamental and Application of Chemical Engineering 2014 (ISFACHE 2014), USB (2014), November 12-13, 2014 (Inna Kuta Hotel, Bali, Indonesia), 2014.11.12発表.
  3. I.W. Fathona, Khairurrijal, A. Yabuki: One-step fabrication of short nanofibers by electrospinning: effect of needle size on nanofiber length, ICAMST2013, Sept. 17-18 2013, Yogyakarta, Indonesia.
  4. Akihiro Yabuki, Mariko Sakai: Self-Healing Corrosion Protective Coatings by TiO2 Particles and a pH-Sensitive Organic Agent on a Magnesium Alloy, ICSHM2013, USB (2013), June 16-20, 2013 (Het Pad, Ghent, Belgium), 2013.6.14発表.
  5. Akihiro Yabuki, Kazuma Okumura: Self-Healing Coatings Using Superabsorbent Polymers for Corrosion Inhibition in Carbon Steel, EUROCORR 2012, CD-ROM (2012), September 9-13, 2012 (Sheraton Maslak Hotel, Istanbul, Turkey), 2012.9.13発表
  6. Akihiro Yabuki, Toshinori Nishisaka: Self-healing capability of porous polymer film with corrosion inhibitor inserted for corrosion protection, 62nd Annual Meeting of the International Society of Electrochemistry, CD-ROM (2011), September 11-16, 2011 (TOKI MESSE Niigata Convention Center, Niigata, Japan), 2011/9/13 ポスター発表.
  7. Akihiro Yabuki, Mariko Sakai: Self-Healing Corrosion Protective Coatings by Oxide Particles and a pH-Sensitive Organic Agent on a Magnesium Alloy, EUROCORR 2010, CD-ROM (2010), September 13-17, 2010 (Congress Center of World Trade Center Moscow, Moscow, Russia), 2010/9/14 発表.
  8. Akihiro Yabuki: Flow Induced Corrosion and Hydrodynamic Conditions, PRiME 2008 (PACIFIC RIM MEETING ON ELECTROCHEMICAL AND SOLID-STATE SCIENCE), Paper 1552 (CD-ROM), 12-17 October 2008 (EHilton Hawaiian Village, Honolulu, USA, 2008/10/14 ポスター発表.
  9. Akihiro Yabuki, Ryo Kaneda: Self-healing coating with fluoro-organic compound for zinc, EUROCORR 2008, CD-ROM, 7-11 September 2008 (Edinburgh International Conference Centre, Edinburgh, Scotland, 2008/9/8 ポスター発表.
  10. Akihiro Yabuki, Hiroyoshi Yamagamia, Koji Noishiki: Barrier and self-healing performances of anti-corrosive coatings for aluminum alloys, EUROCORR 2005, O-128-08 (CD-ROM), September 4-8, 2005 (Instituto Superior Tecnico, Lisbon, Portugal), 2005/9/6 発表.
  11. Akihiro Yabuki, Masanobu Matsumura: Corrosion of Boiler Tubes in Flowing Hot Water, 15th International Corrosion Congress Proceedings, Paper 744 (CD-ROM) (2002), September 20-27, 2002 (Granada Exhibition and Conference Centre, Granada, Spain), 2002/9/25 発表(ポスター).
  12. Moritoshi Murakami, Akihiro Yabuki, Masanobu Matsumura: Corrosion of Pure Copper under A Flowing Solution, 15th International Corrosion Congress Proceedings, Paper 745 (CD-ROM) (2002), September 20-27, 2002 (Granada Exhibition and Conference Centre, Granada, Spain), 2002/9/25 発表(ポスター).
  13. Akihiro Yabuki, Koji Noishiki, Katsura Komori, Masanobu Matsumura: The Surface Behavior of Metallic Materials during the Incubation Period of Cavitation Erosion, International Symposium on Hydraulic Failure Analysis, Abstracts, 28 (1999), ASTM Symposium, December 5-6, 1999 (John Ascuaga's Nugget, Reno, Nevada), 1999/12/6 発表.
  14. A. Yabuki, M.Matsumura: Theoretical equation for the critical impact velocity in solid particles impact erosion, International Conference on Erosiove & Abrasive Wear (1998), Churchill College, Cambridge 13th - 17th September 1998, 1998/09/14発表.
  15. A. Yabuki, K. Noishiki, M. Matsumura: Cavitation Erosion Properties of High Strength Ceramics, Wear of Engineering, Materials (1997), 15-18 September 1997, Indianapolis, Indiana, 1997/9/16 発表.
  16. A. Yabuki, K. Noishiki, M.Matsumura: The application of the mass transfer equation to flow induced localized corrosion, Meeting Abstracts 191st Society Meeting, The Electrochemical Society (1997), Montreal Quebec Canada May 4-9 Queen Elizabeth Hotel, 1997/05/06発表.
学会発表(国内)
  1. 松田英樹,太田伶美,安田陽,矢吹彰広:ジンクリッチペイントの防食機構に関する検討,第37回防錆防食技術発表大会(東京ガーデンパレス 2017年7月5日(水)~6日(木)) 発表(松田).
  2. 矢吹彰広,金柿雅仁:ナノファイバーとゼオライトを用いた自己修復性防食コーティング,材料と環境2017,B-101 (2017),(材料と環境2017 日本科学未来館 2017年5月24日(水)~26日(金))2017/05/24発表(矢吹).
  3. 矢吹彰広,山口紗絵子,山根貴和,平井国典:亜鉛合金鋼板の自己修復性評価法の開発,日本機械学会2016年度年次大会,J0460201 (2016),(日本機械学会2016年度年次大会 九州大学伊都キャンパス 2016年9月11日(日)~14日(水))2016/09/12発表(矢吹).
  4. 矢吹彰広,綿引将人,山根貴和,平井国典:亜鉛合金鋼板に添加する複合修復剤の炭素鋼への防食性能,日本機械学会2016年度年次大会,J0460202 (2016),(日本機械学会2016年度年次大会 九州大学伊都キャンパス 2016年9月11日(日)~14日(水))2016/09/12発表(矢吹).
  5. 矢吹彰広,綿引将人,山根貴和,平井国典:亜鉛合金鋼板に添加する複合修復剤の炭素鋼への防食性能,化学工学会第48回秋季大会,R216 (2016),(化学工学会第48回秋季大会 徳島大学常三島キャンパス 2016年9月6日(火)~8日(木))2016/09/07発表(矢吹).
  6. 矢吹彰広,山口紗絵子,山根貴和,平井国典:亜鉛合金鋼板の自己修復性評価法の開発,材料と環境2016,A-206 (2016),(材料と環境2016 つくば国際会議場 2016年5月25日(水)~27日(金))2016/05/26発表(矢吹).
  7. 矢吹彰広,本延愛梨,Indra W.F.:シリカビーズを用いたショートナノファイバーの合成,化学工学会 第81年会,P313 (2016)(USB),(化学工学会 第81年会 関西大学 千里山キャンパス2016年3月13日(日)~15日(火))2016/03/15発表(矢吹).
  8. 矢吹彰広,藤田光晃:ギ酸銅錯体を用いたプリンタブル熱電変換薄膜材料の低温合成,第12回日本熱電学会学術講演会,S5B-5(2015),(九州大学筑紫地区総合研究棟(C-Cube) 2015年9月7日(月)~8日(火))2015/09/08発表(矢吹).
  9. 矢吹彰広,白岩達憲:ナノファイバーと修復剤を用いた自己修復性防食コーティング,材料と環境2015,C-312 (2015),(材料と環境2015 東京電機大学 千住キャンパス 2015年5月18日(月)~20日(水))2015/05/20発表(矢吹).
  10. 金柿雅仁, 矢吹彰広:アルミニウム陽極酸化皮膜のナノポアを用いた自己修復性防食処理, 第17回化学工学学生発表会(徳島大会), M04 (2015),(化学工学会 第17回化学工学学生発表会(徳島大会) 徳島大学 2015年3月7(土)) 2015/3/7発表(金柿).
  11. 川原さゆり, 矢吹彰広:自己修復性防食ワックスコーティングの開発, 第17回化学工学学生発表会(徳島大会), M05 (2015),(化学工学会 第17回化学工学学生発表会(徳島大会) 徳島大学 2015年3月7(土)) 2015/3/7発表(川原).
  12. 一田優馬, 矢吹彰広:ギ酸ニッケル錯体の熱分解による導電性膜の合成, 化学工学会中国四国支部大学院生発表会, B14 (2014), (化学工学会中国四国支部大学院生発表会 RCC文化センター 2014年12月5(金)) 2014/12/5発表(一田).
  13. 本延愛梨, 矢吹彰広:ファイバー化した高吸水性高分子および腐食抑制剤を用いた自己修復性コーティング, 化学工学会中国四国支部大学院生発表会, B11 (2014), (化学工学会中国四国支部大学院生発表会 RCC文化センター 2014年12月5(金)) 2014/12/5発表(本延).
  14. 矢吹彰広,田中秀治:ギ酸銅錯体の低温熱分解による導電性薄膜の合成,日本銅学会第54回講演大会,105 (2014),(横浜国立大学 理工学部講義棟A 2014年11月8日(土)~9日(日))2014/11/09発表(矢吹).
  15. 矢吹彰広,田邊翔太:ファイバー化した高吸水性ポリマーを用いた自己修復性耐食コーティング,日本機械学会2014年度年次大会,J0470204 (2014),(東京電機大学 東京千住キャンパスス 2014年9月7日(日)~10日(水))2014/09/08発表(矢吹).
  16. 矢吹彰広:化学装置設計製図におけるCADの導入と教育効果,工学教育研究講演会 第62回年次大会,1 A11 (2014),(広島大学東広島キャンパス 2014年8月28日(木)~30日(土))2014/08/28発表(矢吹).
  17. 矢吹彰広,奥野弘尚:修復剤の拡散制御による自己修復性防食コーティングの性能向上,材料と環境2014,B-103 (2014),(材料と環境2014 一橋講堂(学術総合センター内) 2014年5月18日(日)~20日(火))2014/05/18発表(矢吹).
  18. 矢吹彰広,河島聡洋,Indra W. Fathona:ナノファイバーを用いた自己修復性防食コーティング,材料と環境2014,B-104 (2014),(材料と環境2014 一橋講堂(学術総合センター内) 2014年5月18日(日)~20日(火))2014/05/18発表(矢吹).
  19. 矢吹彰広,永山裕起: アルミニウム陽極酸化皮膜のナノポアを用いた自己修復性防食処理, 軽金属学会第126回春季大会講演概要, 3, 5-6 (2014), 軽金属学会第126回春季大会(広島大学 東広島キャンパス 2014/5/17(土)~5/18(日))2014/05/17発表(矢吹).
  20. 福田文雄,矢吹彰広:ギ酸銅錯体のCO2レーザー加熱処理による導電膜の合成,化学工学会中国四国支部大会 (宇部) ,B12 (2013), (化学工学会中国四国支部大会 山口大学 2013年12月13(金) 2013/12/13発表(福田).
  21. 白岩達憲,Indra Wahyudhin Fathona,矢吹彰広:ナノファイバーと修復剤を用いた自己修復性防食コーティング,化学工学会 第45回秋季大会,R304 (2013),(化学工学会 第45回秋季大会 岡山大学2013年9月16日(月)~18日(水) 2013/9/18発表(白岩).
  22. 福田文雄,矢吹彰広:ギ酸銅錯体のCO2レーザー加熱処理による導電膜の合成,化工学会 第45回秋季大会,R305 (2013), (化工学会 第45回秋季大会 岡山大学 2013年9月16(月)~18日(水) 2013/9/18発表(福田).
  23. 矢吹彰広,奥野弘尚: 修復剤の拡散制御による自己修復性防食コーティング,化学工学会 第78年会,D113 (2013)(CD-ROM),(化学工学会 第78年会 大阪大学 豊中キャンパス2013年3月17日(日)~29日(火))2013/03/17発表(矢吹).
  24. 永山裕起,加藤翔太郎,矢吹彰広:陽極酸化ナノポーラスを用いた自己修復性表面処理,化学工学会 高松大会,C107 (2012), (化学工学会 高松大会 サンポートホール高松 2012年12月6,7日(木,金) 2012/12/06発表(永山).
  25. 橘洋平,田中秀治,矢吹彰広:ギ酸銅錯体の熱分解による導電性膜の作製,化学工学会 高松大会,A208 (2012), (化学工学会 高松大会 サンポートホール高松 2012年12月6,7日(木,金) 2012/12/07発表(橘).
  26. 矢吹彰広,河島聡洋: ナノファイバーを用いた自己修復性耐食コーティング,化学工学会 第77年会,L201 (2012)(CD-ROM),(化学工学会 第77年会 工学院大学 新宿キャンパス2012年3月15日(木)~17日(土))2012/03/16発表(矢吹).
  27. 永山裕起,矢吹彰広: ナノファイバーおよび腐食抑制剤を用いた自己修復性耐食コーティング,化学工学会 第14回学生発表会 宇部大会,O02 (2012),(化学工学会 第14回学生発表会 宇部工業高等専門学校 2012年3月3日(土) 2012/03/03発表(永山).
  28. 橘洋平, 矢吹彰広: ギ酸銅錯体の低温熱分解による導電膜の作製, 化学工学会 第14回学生発表会 宇部大会,L17 (2012), (化学工学会第14回学生発表会 宇部工業高等専門学校 2012年3月3日(土) 2012/03/03発表(橘).
  29. 矢吹彰広,田邊翔太:高吸水性高分子と腐食抑制剤を用いた自己修復ポリマーコーティング,材料と環境2011,B-203 (2011),(材料と環境2011 早稲田大学国際会議場 2011年5月23日(月)~25日(水))2011/05/24発表(矢吹)
  30. 矢吹彰広, 奥野弘尚: アルミニウムの自己修復性防食ポリマーコーティング,第120回軽金属学会春季大会,IB013-16 (2011) ,(第120回軽金属学会春季大会 名古屋大学 工学部 2011年5月21日(土)~22日(日))2011/05/22発表(矢吹).
  31. 矢吹彰広,奥村和磨: 高吸水性高分子を用いた自己修復コーティング,化学工学会 第76年会,M302 (2011)(CD-ROM),(化学工学会 第76年会 東京農工大学 小金井キャンパス2011年3月22日(火)~24日(木))2011/03/24発表(矢吹 大会中止).
  32. 田邊翔太,奥村和磨,矢吹彰広: 高吸水性高分子を用いた自己修復コーティング,化学工学会 第13回学生発表会 神戸大会,I09 (2011),(化学工学会 第13回学生発表会 神戸大学 工学部 2011年3月5日(土))2011/03/05発表(田邊).
  33. 奥野弘尚,矢吹彰広: アルミニウムの自己修復性防食コーティング,第13回化学工学会学生発表会 神戸大会,I08 (2011) ,(第13回化学工学会学生発表会 神戸大会 神戸大学 工学部 2011年03月05日(土))2011/03/05発表(奥野).
  34. 漆原 亘,衣笠潤一郎,菅野弘一,新開光一,矢吹 彰広: 封孔処理を施した溶射皮膜の腐食に及ぼす極低温環境の影響2, 第57回材料と環境討論会講演集,E-203 (2010), 第57回材料と環境討論会(沖縄県市町村自治会館(那覇) 2010/10/20(水)~10/22(金))2010/10/21発表(漆原).
  35. 西坂俊則,矢吹彰広: 高分子多孔膜を用いた自己修復性耐食コーティング,化学工学会 第42年会秋季大会,F116 (2010)(CD-ROM),(化学工学会 第42年会秋季大会 同志社大学 今出川キャンパス2010年9月6日(月)~8日(水))2010/09/06発表(西坂).
  36. 矢吹彰広: 高濃度塩化物環境における銅合金の流れ誘起腐食, 2010年度日本海水学会第61年会研究技術発表会講演要旨集, 講演2b), 164-165 (2010), 2010年度日本海水学会第61年会(石巻専修大学 2010/6/3(木)~4(金)) 2010/06/04発表(矢吹).
  37. 矢吹彰広, 奥村和磨: 高吸水性高分子を用いた自己修復コーティング, 材料と環境2010講演集, C-103, 273-276 (2010), 材料と環境2010(早稲田大学国際会議場 2010/5/12(水)~14(金))2010/05/12発表(矢吹).
  38. 矢吹彰広,河島聡洋: 塩スラリー流動下における銅合金の浸食, 第56回材料と環境討論会講演集, D-303, 451-454 (2009), 第56回材料と環境討論会(大阪府立大学 中百舌鳥キャンパス(大阪) 2009/9/28(月)~9/30(水))2009/9/30発表(矢吹).
  39. Norzafriza Arriffin,矢吹彰広: 銅ナノ粒子を用いた導電膜,化学工学会 第41年会秋季大会,H316 (2009) (CD-ROM),(化学工学会 第41年会秋季大会 広島大学 東広島キャンパス 2009年9月16日(水)~18日(金))2009/09/18発表(Norzafriza).
  40. 奥村和磨,矢吹彰広: ITOナノ粒子を用いたホットプレス法による透明導電膜,化学工学会 第41年会秋季大会,H316 (2009) (CD-ROM),(化学工学会 第41年会秋季大会 広島大学 東広島キャンパス 2009年9月16日(水)~18日(金))2009/09/18発表(奥村).
  41. 西坂俊則,矢吹彰広: 微粒子コンポジットポリマーによる自己修復性耐食コーティング,化学工学会 第41年会秋季大会,Q118 (2009) (CD-ROM),(化学工学会 第41年会秋季大会 広島大学 東広島キャンパス 2009年9月16日(水)~18日(金))2009/09/16発表(西坂).
  42. 河島聡洋,矢吹彰広: 塩スラリーによる銅合金のエロージョン・コロージョン,化学工学会 第41年会秋季大会,Q116 (2009) (CD-ROM),(化学工学会 第41年会秋季大会 広島大学 東広島キャンパス 2009年9月16日(水)~18日(金))2009/09/16発表(河島).
  43. 矢吹彰広: 高濃度塩環境における銅合金の流れ誘起腐食, 日本海水学会第60年会研究技術発表会講演要旨集, O10, 20-21 (2009), 日本海水学会第60年会(東京大学山上会館 2009/6/4(木)~5(金)) 2009/06/04発表(矢吹).
  44. 矢吹彰広, 品川沙織: 導電性材料を用いたアルミニウム合金の自己修復コーティング, 材料と環境2009講演集, B-304, 239-242 (2009), 材料と環境2009(芝浦工業大学 豊洲キャンパス 2009/5/22(金)~24(日) 2009/05/24発表(矢吹).
  45. 品川沙織,矢吹彰広: アルミニウム合金の耐候性自己修復コーティング, 軽金属学会第115回秋季大会講演概要, 101, 201-202 (2008), 軽金属学会第115回秋季大会(工学院大学 新宿キャンパス 2008/11/15(土)~11/16(日))2008/11/16発表(品川).
  46. 衣笠潤一郎, 漆原 亘, 菅野弘一, 新開光一,矢吹彰広: 流動海水下におけるAl合金の流れ誘起腐食特性の評価,第55回材料と環境討論会講演集,B-104 (2008),第55回材料と環境討論会(長崎大学工学部(長崎)2008/9/17(水)~9/19(金))2008/9/17発表(衣笠).
  47. 漆原 亘, 衣笠潤一郎, 菅野弘一, 新開光一,矢吹彰広: 封孔処理を施した溶射皮膜の腐食に及ぼす極低温環境の影響,第55回材料と環境討論会講演集,D-102 (2008),第55回材料と環境討論会(長崎大学工学部(長崎)2008/9/17(水)~9/19(金))2008/9/17発表(漆原).
  48. 矢吹彰広, 世良誠哉: 高濃度塩環境における銅合金の流れ誘起腐食, 材料と環境2008講演集, A-314, 149-152 (2008), 材料と環境2008(大宮ソニックシティ 2008年5/13(火)~15(木) 2008/05/15発表(矢吹).
  49. 金子明正,矢吹彰広: 微粒子コンポジットポリマーの自己修復性, 化学工学会山口大会講演要旨集, B106, 21 (2007), 化学工学会山口大会(山口大学工学部 2007/11/22(木))2007/11/22発表(金子).
  50. 酒井真理子,矢吹彰広: マグネシウムにおけるノンクロメート修復皮膜, 軽金属学会第113回秋季大会講演概要, 119, 237-238 (2007), 軽金属学会第113回秋季大会(千葉大学 西千葉キャンパス 2007/11/10(土)~11/11(日))2007/11/11発表(酒井).
  51. 世良誠哉,矢吹彰広: 高濃度塩環境における銅合金の流れ誘起腐食, 第54回材料と環境討論会講演集, B-202, 325-328 (2007), 第54回材料と環境討論会(RCC文化センター(広島) 2007/10/31(水)~11/2(金))2007/11/01発表(世良).
  52. Akihiro Yabuki, Seiya Sera: Prediction of Erosion-Corrosion by Flow Simulation, 2007 Asian-Pacific Symposium on Corrosion in Nuclear Systems III, B-303 (早稲田大学国際会議場 2007/5/9-5/11(2007/5/11発表)
  53. 矢吹彰広,世良誠哉: 流動シミュレーションによるエロージョン‐コロージョンの予測,化学工学会 第72年会 研究発表講演要旨集,B321 (2007) (CD-ROM),(化学工学会 第72年会 京都大学 吉田南キャンパス 2007年3月19日(月)~21日(水))2007/03/21発表(矢吹,講演キャンセル).
  54. 矢吹彰広, 世良誠哉: 配管の異常腐食を予測するための流動パラメータの探索, 材料と環境2006講演集, D-311, 461-464 (2006), 材料と環境2006(つくば国際会議場2階(つくば) 2006年5/16(火)~18(木) 2006/05/18発表(矢吹).
  55. 矢吹彰広, 金田 亮: フルオロカーボンを用いたクロムフリー化成皮膜, 材料と環境2006講演集, C-116, 295-298 (2006), 材料と環境2006(つくば国際会議場2階(つくば) 2006年5/16(火)~18(木) 2006/05/16発表(矢吹).
  56. 世良誠哉,矢吹彰広: 配管の異常腐食を予測するための流動パラメータの探索,2006年腐食防食協会 中国・四国支部「材料と環境研究発表会」要旨集:3 (2006), 2006年腐食防食協会 中国・四国支部「材料と環境研究発表会」2006/03/13発表(世良).
  57. 酒井真理子,矢吹彰広: 有機溶媒とケイ素を用いたマグネシウムの陽極酸化, 第8回化学工学会学生発表会(広島大会)研究発表講演要旨集,K104,49 (2006),第8回化学工学会学生発表会(広島大学東広島キャンパス 2006年3/4(土))2006/03/04発表(酒井).
  58. 世良誠哉,矢吹彰広: 配管の異常腐食を予測するための流動パラメータの探索,第8回化学工学会学生発表会(広島大会)研究発表講演要旨集,K105,50 (2006),第8回化学工学会学生発表会(広島大学東広島キャンパス 2006年3/4(土))2006/03/04発表(世良).
  59. 金田 亮,矢吹彰広: フッ素系化成処理皮膜の耐食性能の評価, 第52回材料と環境討論会講演集, D-206, 439-442 (2005), 第52回材料と環境討論会(北海道大学学術交流会館(札幌) 2005年9/14(水)~16(金) 2005/9/15発表(金田).
  60. 矢吹彰広, 安永龍哉, 澁谷季弘: 海水流動下におけるアルミニウム合金の低温腐食, 材料と環境2005講演集, A-305, 329-332 (2005), 材料と環境2005(慶応義塾大学理工学部矢上キャンパス(横浜) 2005年5/26(木)~28(土) 2005/05/28発表(矢吹).
  61. 矢吹彰広, 橋本明典: フッ素樹脂塗膜の自己修復性に関する研究, 材料と環境2005講演集, A-106, 17-20 (2005), 材料と環境2005(慶応義塾大学理工学部矢上キャンパス(横浜) 2005年5/26(木)~28(土) 2005/05/26発表(矢吹).
  62. 矢吹彰広, 山上広義, 大脇武史, 足立清美, 野一色公二: アルミニウム合金用防食塗膜の自己修復性能, 化学工学会山口下関大会講演要旨集, A2,78 (2004),化学工学会山口下関大会(下関海峡メッセ 8F 2004年9/27(月)~28(火))2004/09/27発表(矢吹).
  63. 村上盛紀, 矢吹彰広: 純銅の腐食形態とNaCl濃度の臨界値, 第51回材料と環境討論会講演集, B-106, 119-122 (2004), 第51回材料と環境討論会(大同工業大学滝春校舎(名古屋) 2004年9/8(水)~10(金) 2004/9/8発表(村上).
  64. 矢吹彰広, 山上広義, 大脇武史, 足立清美, 野一色公二: アルミニウム合金用防食塗膜の自己修復性能, 材料と環境2004講演集, D-304, 415-418 (2004), 材料と環境2004(学術総合センター(東京) 2004年4/26(月)~28(水) 2004/04/28発表(矢吹).
  65. 矢吹彰広, 國本英正: 液流動下におけるホスホン酸系インヒビター皮膜の最適化, 材料と環境2004講演集, B-302, 171-174 (2004), 材料と環境2004(学術総合センター(東京) 2004年4/26(月)~28(水) 2004/04/28発表(矢吹).
  66. 松村昌信,矢吹彰広,安部了介: 高効率高速クロムめっき,社団法人表面技術協会第109回講演大会,17A-24,(東京都立大学 南大沢キャンパス 平成16年3月15日(月)~17日(水)) 2004年3月17日発表(松村).
  67. 山上広義, 矢吹彰広, 大脇武史, 足立清美, 野一色公二: アルミニウム合金用防食塗膜の自己修復性能, 材料と環境研究発表会講演集:3-4 (2004), 2004年腐食防食協会中国・四国支部「材料と環境研究発表会」2004/03/11発表(山上).
  68. 國本英正, 矢吹彰広: 液流動下におけるホスホン酸系インヒビター皮膜の最適化, 材料と環境研究発表会講演集:1-2 (2004), 2004年腐食防食協会中国・四国支部「材料と環境研究発表会」2004/03/11発表(國本).
  69. Moritoshi Murakami, Satoshi Horiguchi, Akihiro Yabuki, Masanobu Matsumura: Copper Alloys with both Anti-fouling and Anti-corrosion Properties, 13th Asian-Pasific Corrosion Control Conference, D306 (2003), November 16-21, 2003 (Osaka University, Convention Center, Osaka, Japan), 2003/11/19 発表(村上).
  70. 村上盛紀, 多田正弘,矢吹彰広, 松村昌信: 流れが引き起こす純銅製配管のマクロセル腐食, 第50回材料と環境討論会講演集, B-203, 169-172 (2003), 第50回材料と環境討論会(琉球大学工学部 2003年11/5(水)~7(金)) 2003/11/6発表(村上).
  71. 村上盛紀, 堀口 哲, 矢吹彰広,松村昌信: 海生生物の忌避性にも耐食性にも優れた銅合金, 材料と環境2003講演集, B-205, 161-164 (2003), 材料と環境2003(国立オリンピック記念青少年総合センター 2003年6/2(月)~4(水)) 2003/06/03発表(村上).
  72. 村上盛紀, 堀口 哲, 矢吹彰広,松村昌信: 海生生物の付かない耐食性銅合金, 材料と環境研究発表会講演集:3 (2003), 2003年腐食防食協会中国・四国支部「材料と環境研究発表会」2003/03/06発表(村上).
  73. 村上盛紀, 矢吹彰広, 松村昌信: 液流動下における純銅の腐食, 第49回材料と環境討論会講演集, C-305, 343-346 (2002), 第49回材料と環境討論会(姫路工業大学環境人間学部 2002年9/5(木)~7(土)) 2002/09/07発表(村上).
  74. 村上盛紀, 杉田和彦,矢吹彰広, 松村昌信: 液流動下における純銅の腐食, 化学工学会鳥取大会講演要旨集, B122,25 (2002),化学工学会鳥取大会(鳥取県立県民文化会館 2002年7/25(木)~26(金))2002/07/25発表(村上).
  75. 村上盛紀, 杉田和彦,矢吹彰広, 松村昌信: 液流動下における純銅の腐食, 材料と環境2002講演集, B-201, 145-148 (2002), 材料と環境2002(川崎市産業振興会館 2002年5/29(水)~31(金) 2002/05/30発表(村上).
  76. 矢吹彰広, 籾蔵宏康, 丸亀和雄, 松村昌信: 高温高圧純水流動下における低合金鋼の腐食, 材料と環境2002講演集, B-202, 149-152 (2002), 材料と環境2002(川崎市産業振興会館 2002年5/29(水)~31(金)) 2002/05/30発表(矢吹).
  77. 矢吹彰広, 籾蔵宏康, 丸亀和雄, 松村昌信: 高温高圧純水流動下における低合金鋼の腐食, 化学工学会第67年会講演要旨集, P105, 695 (2002), 化学工学会第67年会(福岡工業大学 2002年3/27(水)~29(金)) 2002/03/27発表(矢吹).
  78. 村上盛紀, 矢吹彰広, 松村昌信: 液流動下における純銅の腐食, 化学工学会第67年会講演要旨集, P109, 699 (2002), 化学工学会第67年会(福岡工業大学 2002年3/27(水)~29(金))2002/03/27発表(村上).
  79. 矢吹彰広: エロージョンおよびエロージョン・コロージョンに関する研究, 進歩賞 (2001), 材料と環境2001(つくば産業技術総合研究所共用講堂 2001年5/30(水)~6/1(金))2001/5/31表彰,2001/6/1発表.
  80. 村上盛紀,矢吹彰広,松村昌信,岩立孝治: 銅ベリリウム合金等の液流動下における腐食, 化学工学会第66年会講演要旨集, K207, 471 (2001), 化学工学会第66年会(広島大学東広島キャンパス 2001年4/2(月)~4(水))2001/04/03発表(村上).
  81. 大國聡巳,矢吹彰広,松村昌信,丸亀和雄: 高温高圧純水流動下における炭素鋼の腐食, 化学工学会第66年会講演要旨集, K206, 470 (2001), 化学工学会第66年会(広島大学東広島キャンパス 2001年4/2(月)~4(水))2001/04/03発表(籾蔵).
  82. 村上盛紀,矢吹彰広,松村昌信,三井 任: 銅ベリリウム合金の液流動下における腐食, 第47回材料と環境討論会講演集, B304, 225-228 (2000), 第47回材料と環境討論会(山口県教育会館・山口県社会福祉会館 10/21(火)~11/2(木))2000/11/2発表(村上).
  83. 大國聡巳,矢吹彰広,松村昌信,丸亀和雄: 高温高圧純水流動下における炭素鋼の腐食, 第47回材料と環境討論会講演集, B303, 221-224 (2000), 第47回材料と環境討論会(山口県教育会館・山口県社会福祉会館 10/21(火)~11/2(木))2000/11/2発表(大國).
  84. 野一色公二,矢吹彰広,小森 桂,松村昌信: キャビテーション・エロージョンの潜伏期間における材料表面挙動, キャビテーションに関するシンポジウム(第10回):111 (1999), キャビテーションに関するシンポジウム(第10回)(福井県国際交流会館 11/4(木)~5(金))1999/11/5発表(野一色).
  85. 矢吹彰広,村上盛紀,丸亀和雄,松村昌信: 液流動下における純銅の腐食, 第39回伸銅技術研究会講演会講演概要集:93 (1999), 第39回伸銅技術研究会講演会(京都テルサ 11/4(木)~5(金))1999/11/5発表.
  86. 矢吹彰広,宮田貴幸,松村昌信,丸亀和雄: 純銅の流れ誘起局部腐食, 第46回材料と環境討論会講演集, C303, 299 (1999), 第46回材料と環境討論会(九州産業大学 9/9(木)~11(土))1999/09/11発表.
  87. 矢吹彰広,大國聡巳,松村昌信,丸亀和雄: 高温高圧純水流動下における炭素鋼の腐食, 化学工学会徳島大会講演要旨集, 1B-7, 116 (1999), 化学工学会徳島大会(徳島県郷土文化会館 7/29(木)~30(金))1999/07/29発表.
  88. 矢吹彰広,宮田貴幸,松村昌信,丸亀和雄: 液流動下における純銅の腐食, 化学工学会徳島大会講演要旨集, 1B-6, 115 (1999), 化学工学会徳島大会(徳島県郷土文化会館 7/29(木)~30(金))1999/07/29発表.
  89. 大國聡巳,矢吹彰広,松村昌信,丸亀和雄: 高温高圧純水流動下における炭素鋼の腐食, 材料と環境'99講演集, C-111, 249 (1999), 材料と環境'99(千葉工業大学 5/20(木)~22(土))1999/05/20発表(大國).
  90. 野一色公二,矢吹彰広,小森 桂,松村昌信: キャビテーション・エロージョンの潜伏期間における材料表面挙動, 材料と環境'99講演集, C-110, 245 (1999), 材料と環境'99(千葉工業大学 5/20(木)~22(土))1999/05/20発表(野一色).
  91. 矢吹彰広,小森 桂,松村昌信,野一色公二: キャビテーション・エロージョンの潜伏期間における材料表面挙動, 化学工学会第64年会講演要旨集, G302, 255 (1999), 化学工学会第64年会(名古屋工業大学 3/25(木)~27(土)) 1999/03/27発表.
  92. 矢吹彰広,小森 桂,松村昌信,野一色公二: キャビテーション・エロージョンの潜伏期間における材料表面挙動, 材料と環境研究発表会講演集:1 (1999), 1999年腐食防食協会中国・四国支部「材料と環境研究発表会」(中電ビル)1999/03/12発表.
  93. 矢吹彰広,立花晋也,松村昌信,丸亀和雄: 高温高圧純水中における炭素鋼の流れ誘起局部腐食, 腐食防食'98講演集, C-203, 157-160 (1998), 腐食防食'98(早稲田大学国際会議場 平成10年5月20日(水)~22日(金))1998/05/21発表.
  94. 矢吹彰広,杉田幸次朗,松村昌信,平嶋雅雄,津永正行: 高分子材料のスラリーエロージョン特性, 腐食防食'98講演集, C-202, 153-156 (1998), 材料と環境'98(早稲田大学国際会議場 平成10年5月20日(水)~22日(金))1998/05/21発表.
  95. 矢吹彰広,立花晋也,松村昌信,丸亀和雄: 高温高圧純水中における炭素鋼の流れ誘起局部腐食, 化学工学会第63年会講演要旨集, L305, 167 (1998), 化学工学会第63年会(関西大学千里山キャンパス 3/24(火)~26(木))1998/03/26発表.
  96. 矢吹彰広,立花晋也,松村昌信,丸亀和雄: 高温高圧純水中における炭素鋼の流れ誘起局部腐食, 材料と環境研究発表会講演集:1-2 (1998), 1998年腐食防食協会中国・四国支部「材料と環境研究発表会」(中電ビル) 1998/03/13発表.
  97. 矢吹彰広,野一色公二,松村昌信: 流れ誘起局部腐食に関する物質移動式の適用, 化学工学会第62年会講演要旨集, M204, 141 (1997), 化学工学会第62年会(東京農工大学小金井キャンパス 3/27(木)~29(土))1997/03/28発表.
  98. 矢吹彰広,野一色公二,松村昌信,長坂浩志,宮坂松甫: ダイナミックミキシング法TiN被膜の耐キャビテーション・エロージョン性, 化学工学会第62年会講演要旨集, M202, 144 (1997), 化学工学会第62年会(東京農工大学小金井キャンパス 3/27(木)~29(土))1997/03/28発表.
  99. 矢吹彰広,野一色公二,松村昌信,高山博和,宮坂松甫: セラミック材料のキャビテーション・エロージョン特性, 材料と環境研究発表会講演集:1-2, , 1-2 (1997), 1997年腐食防食協会中国・四国支部「材料と環境研究発表会」(中電ビル),1997/03/14発表.
  100. 松脇和男,矢吹彰広,松村昌信: 固体粒子衝突エロージョンにおける臨界衝突速度, 腐食防食'96講演集, D-209, 425-428 (1996), 腐食防食'96(工学院大学 平成8年5月28日(火)~30日(木)),1996/05/29発表(松脇).
その他発表,講師,セミナー(国内)
  1. 矢吹彰広:「金属材料の劣化とその対策」,平成28年度山口県高圧ガス保安大会 特別講演,山口県高圧ガス保安大会実行委員会,山口県総合保健会館(山口),2016/10/21(講演).
  2. 矢吹彰広:「金属材料の自己修復性防食コーティング」,腐食防食学会北海道支部 表面技術協会北海道支部 2015年北海道夏期セミナー,千歳アルカディア・プラザ 多目的ホール(千歳),2015/8/24(講演).
  3. 矢吹彰広:「アルミニウムの自己修復性防食コーティング」,近畿アルミニウム表面処理研究会春季特別講演会,ホテルアウィーナ大阪(大阪),2015/4/24(講演).
  4. 矢吹彰広:「金属材料の自己修復性防食コーティング」,日本材料学会関東支部講演会「各種材料の自己修復技術の最前線」,東京理科大学 森戸記念館地下1階 第1フォーラム(東京),2014/12/15(講演).
  5. 矢吹彰広:「金属材料の自己修復性防食コーティング」,平成26年度ウエザリング技術研究成果発表会,メルパルク東京(東京),2014/11/27(講演).
  6. 矢吹彰広:「自己修復性防食コーティング」,広島ゴム技術員会例会講演会,広島市工業技術センター(広島),2014/10/17(講演).
  7. 矢吹彰広:「金属材料の自己修復性防食コーティング」,横浜国立大学公開講座2014―アクティブマテリアル―自己治癒材料の現状と将来,横浜国立大学 共同研究推進センター(横浜),2014/9/6(講演).
  8. 矢吹彰広:「自己修復性防食コーティングについて」,一般社団法人日本マグネシウム協会 第15回表面処理分科会 マグネシウム合金への表面処理技術の今を知る講演会,江戸東京博物館(東京),2013/9/6(講演).
  9. 矢吹彰広:「金属材料の自己修復性防食コーティング」,第9回軽金属学会新機能発現・化学プロセス部会,古河スカイ(東京),2013/8/2(講演).
  10. 矢吹彰広:「自己修復性防食コーティングの開発」,広島大学新技術説明会2012 in 広島, 広島ガーデンパレス,2012/8/1(講演)
  11. 奥山 喜久夫,矢吹 彰広,荻 崇:「ナノテクノロジーを利用した次世代の環境・資源・エネルギー技術」,第4回化学工学3支部合同福井大会 技術シーズフォーラム,ホテルフジタ福井(福井),2011/12/8-9(ポスターセッション)
  12. 矢吹彰広:「アルミ合金の自己修復性表面技術」,第31回ライトメタル表面技術部会サマーセミナー,(社)表面技術協会,工学院大学(東京)2011/7/12(講習会).
  13. 矢吹彰広:「エロージョン・コロージョン試験装置の概説」,第50回海水環境構造物腐食防食研究会,広島ガーデンパレス(広島),2010/9/29(研究会講演).
  14. 矢吹彰広:「塩スラリーによる銅合金の浸食」,第50回海水環境構造物腐食防食研究会,広島ガーデンパレス(広島),2010/9/29(研究会講演).
  15. 矢吹彰広:「ナノ粒子の分散・コーティングによるポリマーコンポジットの創成」,福岡ナノテク推進会議 第3回ナノテク研究・ビジネス最前線,博多サンヒルズホテル 瑞雲の間(B)(福岡),2010/2/26(技術講演).
  16. 矢吹彰広:「ナノ粒子を用いた低温で処理可能な銅配線技術」,第31回工業技術見本市 テクニカルショウヨコハマ2010,パシフィコ横浜展示ホール C・D(神奈川)2010/2/3-5(パネル展示)
  17. 矢吹彰広:「ナノ粒子を用いた低温で処理可能な銅配線技術 金属ナノ粒子と銅-アミン錯体を含む導電性インクによる低温銅配線形成」,JST Innovation Bridge CIC東京研究発表会,キャンパス・イノベーションセンター東京 5F(東京),2009/12/2(研究発表会).
  18. 矢吹彰広:「自己修復性防食コーティングの開発」,(社)自動車技術会中部支部2008年度技術講習会(自動車周辺技術)テーマ:次世代材料と加工技術,刈谷市産業振興センター(愛知),2009/3/6(講習会).
  19. 矢吹彰広:「ナノ粒子を用いた複合型自己修復皮膜 -ナノ粒子の応用-」,平成19年度ナノマテリアル研究交流会~ナノマテリアルの産業界への展開を目指して~,広島大学 中央図書館 ライブラリーホール,2007/11/21(発表).
  20. 矢吹彰広:「金属材料の表面処理と腐食防食技術(自己修復膜,高硬度高耐食アルマイト)」,東広島市産業振興シンポジウム,広島大学サタケメモリアルホール,2007/11/6(ポスター)
  21. 矢吹彰広:「金属材料の表面処理と防食技術」産学連携プラザ2007,2007/3/12(月)13:30~17:30,ホテルグランドヒル市ヶ谷.
  22. 矢吹彰広:「軽金属の表面処理」軽金属学会 第25回化成処理表面技術研究部会,日本アルミニウム協会,2006/9/26.
  23. 矢吹彰広,國本英正:「熱交換器の炭素鋼配管の防食方法」,財団法人ひろしま産業技術振興機構(広島TLO),「ベンチャーメッセひろしま」,広島県立広島産業会館西展示館 広島市南区民文化センター(広島),2005/11/25,26(ポスター).
  24. 松村昌信,矢吹彰広:「エロージョン-コロージョンと流速差腐食とその予防対策」,火力原子力発電技術協会「現場に密着した予防保全と信頼性向上技術に関する講習会」,発明会館ホール(東京),2005/1/27(招待講演(松村)).
  25. 矢吹彰広:「金属材料の表面処理と腐食防食技術」,第2回 東広島産学官マッチングフェア, 東広島市産業振興会館,2004/12/13-14(ポスター).
  26. 矢吹彰広: 「腐食減肉現象と防止法」,岡山大学環境COEミニシンポ 環境腐食と寿命予測および新規無機材料 ,岡山大学大学院ベンチャービジネスラボラトリー棟 3階 共同研究室,2004/10/8(招待講演).
  27. 矢吹彰広: 「腐食減肉研究の現状と課題」,腐食防食協会第三回原子力小委員会,2004/8/27(招待講演).
  28. 矢吹彰広,松村昌信: 海水中におけるキャビテーション・エロージョン・コロージョン損傷速度の推定法, 第15回平成14年度助成研究発表会要旨集, 発表番号16 (2003), 財団法人 ソルト・サイエンス研究財団(日本都市センターホテル 2003年8/1(金) 2003/08/01発表.
  29. 矢吹彰広,松村昌信,野一色公二: 「キャビテーション・エロージョン損傷速度の推定法」, 日本材料学会 腐食防食部門委員会 例会資料, 40, 20-28 (2001), 日本材料学会 腐食防食部門委員会 第222回例会「材料の腐食・劣化評価に関する最近の動向」(ホテル・アウィーナ大阪 2001/5/11(金))2001/5/11発表(招待講演,矢吹).
  30. 矢吹彰広,松村昌信,村上盛紀: 海水流動下における銅系合金材料の局部腐食に関する研究, ソルト・サイエンス, (2000), ソルト・サイエンス研究財団 第12回助成研究発表会(東京・日本都市センター 2000年7月25日(火))発表(村上).
  31. 矢吹彰広: 諸材料の耐固体粒子衝突エロージョン性評価法の確立, (1999), 博士論文発表会,1999/10/27発表.
  32. 矢吹彰広: 固体粒子衝突エロージョンにおける諸材料の耐エロージョン性評価法の確立, (1998), 移動現象工学専攻研究会,1998/11/27発表.
  33. 矢吹彰広: 高分子材料のスラリーエロージョン特性, (1997), 移動現象工学専攻研究会,1997/07/15発表.
  34. 矢吹彰広: 高分子材料のスラリーエロージョン, (1997), 三井金属エンジニアリング(株)大分工場,1997/06/24発表(招待講演).
特許
  1. 矢吹彰広,品川紗織:「防食被膜及び耐食性金属材料」日本,特願2009-015881,2009.1.27
  2. 矢吹彰広,酒井真理子:「マグネシウム合金被膜及びその製造方法」日本,特願2008-77540,2008.3.25
  3. 矢吹彰広,奥山喜久夫,フェリー・イスカンダル:「微細配線作製方法」日本,特願2008-78441,2008.3.25
  4. 矢吹彰広,酒井真理子:「マグネシウムの陽極酸化処理方法とその製品」日本,特願2006-185159号, 2006.7.5
  5. 矢吹彰広,橋本明典:「アルミニウム又はアルミニウム合金材料の防食用インヒビター」日本,特願2005-357283号, 2005.12.12
  6. 矢吹彰広,金田 亮:「亜鉛の化成処理方法、その方法により得られる化成処理皮膜及び化成処理皮膜を有する亜鉛めっき鋼板」日本,特願2005-264384号, 2005.9.12
  7. 矢吹彰広,安部了介:「アルミニウム又は/及びアルミニウム合金の陽極酸化皮膜の形成方法およびその方法により形成される陽極酸化皮膜」,日本,特願2005-163299号,2005.6.2,登録番号4660760号,2011.1.14
  8. 矢吹彰広,國本英正:「熱交換器の炭素鋼配管の防食方法」,日本,特願2004-245382号, 2004.8.25
所属学会
  • 腐食防食学会
  • 化学工学会
  • 電気化学会
  • 日本海水学会
  • 軽金属学会
  • 日本機械学会
  • 日本熱電学会
  • 化学工学会 化学装置材料委員会 委員 (2003年4月-現在)
  • 化学工学会 化学装置材料委員会保全分科会 委員 (2003年4月-現在)
  • 軽金属学会 表面処理技術研究部会 委員 (2006年9月-2011年3月)
  • 軽金属学会 新機能発現・化学プロセス部会 委員 (2011年6月-現在)
  • 腐食防食協会 Web委員会 委員 (2009年6月-現在)
  • 中国地区化学工学懇話会 幹事(2010年4月-2012年4月)
  • 広島大学工学部化学工学教室同窓会(化工会) 事務局(2010年4月-現在)
  • 広島工業会 校内理事(2003年度,2004年度)
  • 日本海水学会 海水環境構造物腐食防食研究会,代表(2010年7月-現在)
  • 化学工学会 化工誌編集委員会 トピックス委員(2011年4月-現在)
  • 広島大学外国語教育研究センター運営委員会 委員 (2012年4月1日-現在)
  • 化学工学会中国四国支部事務局 (2012年7月-2013年7月)
  • 化学工学会中国四国支部役員 (2012年7月-現在)
  • 広島大学工学同窓会役員 理事 (2014年度,2015年度)
  • 広島大学研究企画会議 委員 (2013年4月30日-現在)
  • 腐食防食学会 出版委員会委員 (2014年7月24日から2年間)
  • 広島大学研究企画会議 委員 (2013年4月30日-現在)
  • 軽金属学会 新エネルギー向け表面処理研究部会 委員 (2015年6月-現在)
  • 化学工学会高等教育委員会 委員 (2015年4月1日-現在)
  • 塩事業センター研究開発評価委員会 委員 (2015年4月1日-現在)
  • 中国地区化学工学懇話会 理事 (2015年4月-現在)
  • 高圧ガス保安協会 委員 (2015年4月1日-現在)
  • 石油ガス岩盤備蓄基地に係る保安検査等操業実績確認検討業務委員会 委員 (2016年9月28日-2017年3月17日)
学会賞
  • 2001年5月31日:腐食防食協会,進歩賞「エロージョンおよびエロージョン・コロージョンに関する研究」
  • 2005年12月7日:広島大学大学院工学研究科・工学部教育顕彰,「化学装置設計・実習におけるCADの導入およびテキスト作成」
  • 2011年4月27日:第29回スガウェザリング技術振興財団 科学技術奨励賞,「自己修復性防食コーティングの開発」
  • 2012年5月25日:日本塗装技術協会賞 塗装工学編集委員長賞,「自己修復性防食コーティング」
  • 2012年9月25日:軽金属学会 中国四国支部 論文賞「アルミニウムにおけるポリマコーティングの自己修復性防食作用」
  • 2015年6月4日:日本海水学会 研究賞「製塩環境におけるエロージョン・コロージョンに関する研究」
研究経費
  • 平成11年度:研究助成,ソルト・サイエンス研究財団,助成番号9902,「海水流動下における銅系合金材料の局部腐食に関する研究」,150万円 (報告書 平成13(2001)年3月)
  • 平成14年度:研究助成,ソルト・サイエンス研究財団,助成番号0214,「海水中におけるキャビテーション・エロージョン・コロージョン損傷速度の推定法」,160万円 (報告書 平成16(2004)年3月)
  • 平成15年度科学研究費補助金(若手研究(B)),文部科学省,課題番号15760525,「アルミニウム自己修復性ハイブリッド塗膜の開発」,140万円 (報告書 平成16(2004)年3月)
  • 平成16年度:研究助成,JFE21世紀財団,「鉄鋼材料のクロメート処理に替わる自己修復機能を持つフッ素系化成処理膜の開発」,200万円
  • 平成17年度科学研究費補助金(基盤研究(C)),文部科学省,課題番号17560635,「配管の異常腐食を予測するための材料表面流れ場における流動パラメータの探索」,390万円
  • 平成18年度:研究助成,ソルト・サイエンス研究財団,助成番号0619,「海水環境下におけるアルミニウム合金のエロージョン-コロージョン」,140万円
  • 平成19年度:研究助成,ソルト・サイエンス研究財団,助成番号07A2,「高濃度塩環境における銅合金の流れ誘起腐食」,196万円
  • 平成19年度科学研究補助金(基盤研究(C)),文部科学省,課題番号19560730,「ナノ粒子を用いた複合型自己補修剤の開発」,364万円
  • 平成19年度科学研究補助金(基盤研究(A)),文部科学省,課題番号18206079,「静電紡糸法によるナノ粒子分散ポリマーナノファイバーの合成と応用」,1014万円(研究分担者)
  • 平成19年度:受託研究,JSTシーズ発掘試験,「陽極酸化法による耐食性と装飾性に優れたマグネシウム皮膜の創生」,190万円
  • 平成20年度:研究助成,ソルト・サイエンス研究財団,助成番号08A2,「高濃度塩環境における銅合金の流れ誘起腐食」,200万円
  • 平成20年度科学研究費補助金(基盤研究(C)),文部科学省,課題番号19560730,「ナノ粒子を用いた複合型自己修復剤の開発」,91万円(合計455万円)
  • 平成21年度:研究助成,ソルト・サイエンス研究財団,助成番号09A2,「高濃度塩環境における銅合金の流れ誘起腐食」,140万円
  • 平成21年度科学研究費補助金(基盤研究(C)),文部科学省,課題番号21560747,「機能性ナノ材料を用いる自己修復性耐候コーティングの開発」,300万円(合計390万円)
  • 平成22年度科学研究費補助金(基盤研究(C)),文部科学省,課題番号21560747,「機能性ナノ材料を用いる自己修復性耐候コーティングの開発」,40万円(合計390万円)
  • 平成24年度:研究助成,JFE21世紀財団,「ナノファイバーを用いた自己修復コーティングによる鉄鋼材料の防食」,200万円
  • 平成26年度:研究助成,ソルト・サイエンス研究財団,助成番号1420,「海水熱交換器用アルミニウムの自己修復性高耐食処理」,95万円
  • 平成26年度科学研究費補助金(基盤研究(C)),文部科学省,課題番号26420705,「ナノファイバーコンポジット化による自己修復性耐候コーティングの開発」,351万円(合計494万円)
  • 平成26年度日本銅学会研究助成金,「塗布法による導電性Cu薄膜の合成」,30万円
  • 平成27年度科学研究費補助金(基盤研究(C)),文部科学省,課題番号26420705,「ナノファイバーコンポジット化による自己修復性耐候コーティングの開発」,78万円(合計494万円)
  • 平成27年度日本銅学会研究助成金,「塗布法による導電性Cu薄膜の合成」,30万円
その他
  1. 傷がついても自然に治る:自己修復性塗膜・皮膜,広島大学 工学部だより,No.50 (2005) 2005.3.1
  2. 矢吹彰広: 損傷材料のフラクタル表面, 化学工学, Vol. 61, pp. 631 (1997). 

保存

保存

保存

現在地: Home プロフィール